プロフィール

古田 優(ふるた ゆう)

「スポーツで1人でも多くの人を笑顔に」という想いを軸にアスリートとして、またスポーツライフデザイナーとして活動。

大学時代には幼児体育指導員として延べ3000人の子ども達を指導。
東南アジア1人旅をしていた際にラオスの子ども達とサッカーをきっかけに「スポーツは人を笑顔にする大きな力がある」と実感し、多くの人をスポーツでつなげていく存在になりたいとスポーツ業界への道を進むことを決心する。

2018年には平昌五輪へ視察。
世界中から注目されるスポーツの祭典で”感動する瞬間” ”国籍超えて人がつながる瞬間”を目の当たりにする。


この経験をきっかけに出会った仲間と共にスポーツメディアVektorでスポーツライターとして活動を始める。
国際大会やエンジョイイベントの取材記事。スポーツ×〇〇が集まるイベントの主催など行う。

2018年10月からV-SPORTS PROJECTを立ち上げに協力。
ここではベンチャースポーツのイベントの受託や協会サポート、ベンチャースポーツができるスポーツ教室(Vスポーツクラブ)などを行う。
主にベンチャースポーツの普及とライフスタイルの充実の提供である。

自ら実体験したスポーツは50種目以上。
また、スポーツチーム、コミュニティを作り、モルック、フレスコボール 、クィディッチなどの大会に出場したり、スポーツを楽しめる空間を作る活動も行う。

2019年3月にはチュックボール全日本選手権に出場。そこで日本代表選手に選出され、6月末の東アジア選手権大会で日本代表デビュー戦を果たす。
東京都立川市にチュックボールチームを作り、選手権チーム運営も行う。


スポーツを仕事にした生活を送りたい。
私にあったスポーツを定期的にやりたい。

そんなあなたの描く夢のスポーツライフを実現させるためにスポーツライフデザイナーとしてビジネスアドバイスやスポーツマッチングアドバイスを行っています。