古田 優
AUTHOR

古田 優スポーツライフデザイナー

スポーツライフデザイナー 1994年1月22日 東京生まれ千葉育ち/トランスジェンダー 2018年の平昌五輪への視察をきっかけにスポーツ業界へ独立。ライター・イベンター・運動指導・コミュニティ運営・アスリート・コンサルティングなどスポーツを軸に幅広く活動。現在では70種目以上のスポーツ経験からスポーツコンテンツコーディネートや体験づくりをメインとしている。 〈アスリート〉 チュックボール日本代表(2019〜) HADOプレイヤー@ヒュブリス ドローンファイト 〈資格/経歴〉 健康運動指導士 幼児体育指導、述べ3000人 スポビジ大学@認定スポーツビジネスコンサルタント 〈その他活動〉 日本マイナースポーツ協会理事 かくれんぼ協会研究員 SASSENアンバサダー TRIAL TRUCK#トラトラ てづくりシネマ 〈趣味/好きなもの〉 映画鑑賞・旅・嵐・平成フラミンゴ

人とスポーツを繋ぐパラスポーツコンシェルジュ

「スポーツをやりたいけど、自分にあったスポーツはなんだろうか」 そんなことを考えたことはありますか? 一般的には自分でネットで調べ、気になるものを体験しにいくという流れになるかと思いますがもし障がいを持っていたなら、素直に「やりたいからやる」ができないかもしれません。 どんなスポーツならできるのか。 東京パラリンピックが終わった今、障がいと向き合い、1人1人が継続してスポーツを楽しめるようにと奮闘 […]

違いに対する”困難”はマイナスなのか。”やさしくないミュージアム”が伝えたいメッセージ

どうも。スポーツライフデザイナーの古田優です。 “スポーツライフデザイナー”とは暮らしが少しでも楽しくなるために、スポーツというエンタテインメントをライフスタイルにデザインしていくもの。 パラリンピックでアスリートたちが活躍している中、パラアスリートのすごさと車椅子生活でのやさしくない日常を実感できるミュージアム『やさしくないミュージアム』に行ってきました。 IPC & WOW […]

価値を残すエンタメ集団をつくりたい

From 古田 優 最近、スポーツビジネスとエンタメの2軸で「スポーツを暮らしに。」をテーマに活動していますが、エンタメ分野で「エンターテイメント集団を作りたい」と思いました。 私が考えるエンターテイメント集団とは”日常の当たり前を非日常のエンタメに変える集団”のこと。   例えば、私はスポーツというフィールドでエンタメの1つとしてスポーツを日常していく人として活動してきたが、1人だとで […]

Dリーグの面白いポイントと今後への期待

1月10日についに「Dリーグ」が開幕しました。 実際に観戦した方はどれほどいたのでしょうか? 実は、ダンスは競技人口600万人もいて、日本は世界トップクラスなのをご存知でしたか? すごいですよね! 世界でも優勝しているダンサー達が集まってパフォーマンスし合うDリーグは、今後新たな風を吹かしてくれるのではないかと期待しております。 もしかしたら、世界的にレベルが高いのにもかかわらず対価が低く設定され […]

スポーツオンライン観戦をやってみた

コロナになってスポーツに触れる機会が減ってきてしまっています。 そんな中、少しでもスポーツに触れる機会をということで、私が所属しているチュックボールクラブ東京のチーム内で過去の試合を観るオンライン観戦をやりました。 ・イメージトレーニング ・チュックボールに触れる機会を無くさない 目的は上記の2つ。 これが結構面白く新たにチュックボールを知りたいという人たちがいたので、その人たち向けにオンライン観 […]

オリンピックは実際どんな世界なのか

2020年の東京五輪がコロナの影響で2021年に開催になりました。 やるという方向で進んでいますが、どこまで盛り上がるのか、実際のところ観客導入しての開催が可能なのかが不安なところですよね。 実際のところテレビでの五輪の姿しか見たことない人がほとんどのため自国開催で五輪って実際はどんなものなのかを楽しみにしていた人もたくさんいると思います。 そこで2018年に開催され冬季オリンピック「平昌五輪」を […]

スポーツ普及のヒントは音楽にあり!?

スポーツライフデザイナーの古田優です。   スポーツを人生のエンターテイメントとして 日常にスポーツを浸透させようと魅力の発信や イベント企画などを行なっていますが、 スポーツへの興味関心のハードルは高いなと感じます。 特に関わっているのがマイナーと言われるスポーツがほとんどのため より認知させること、触れてもらう機会をつくることが 困難だと思うことばかりです。   どうしたら […]